食べた直後に下痢する頻度を低くすることに乳酸菌サプリが貢献した

義務教育で給食を食べ始めるようになったころから、私は食後に下痢することが多くなりました。それは20代になってからも変わらずに、会社では昼食後にトイレに駆け込む時間を憂鬱に思っていました。

下痢止めの薬を飲み過ぎたことが原因かは不明ですが、年齢を重ねる毎に薬が効きにくくなっていきました。薬を飲んでも、食後には下痢してしまうことが少なくなかったのです。このままでは一生下痢と付き合わなければならないと思い恐怖した結果、腸内環境を整える必要があることを思いつきました。

腸内環境の改善には、乳酸菌サプリが有効であることを知りました。医学部生の知人から聞いたことなので、信ぴょう性はあると思いました。近場で乳酸菌サプリを入手することができなかったので、販売業者を検索して電話注文しました。

毎朝、私は乳酸菌サプリを服用しています。私が購入したものは特に味がないので、普通の薬と同じ感覚で飲むことができています。乳酸菌サプリの効果を実感するようになったのは、ある日会社で昼食を済ませた後のことでした。いつもならお腹が痛くなる時間になっても、体は何も感じませんでした。おおよそ10日、乳酸菌サプリを飲み続けたときに実感した効果です。

乳酸菌サプリも数多くの種類がありますので、比較してみて、自分の好みの乳酸菌サプリを見つけてみてください。
乳酸菌サプリの比較をしているサイトを見ると、わかりやすいと思います。

今ではもう乳酸菌サプリは手放せません!

我が家の愛犬

我が家には、オスのラブラドールレトリバーがいます。チョコレート色で、私がどうしても欲しくてブリーダーさんより譲って頂きました。

10匹兄弟で、私が見に行った時には、既に飼い主さんが決まっている子達ばかりで残り2匹しかいませんでした。

長男と次男の2匹だったのですが、長男は産まれつき尻尾の骨が少し曲がっているようで、価格も少し下がっているとの事でした。ここで私は1時間程迷いました。迷っている間、2匹を観察していたのですが、長男の子が私にかまって~と何度もまとわりついてきて、それは元気にはしゃいでいました。

そして、私は決めました。長男にしようと。もしも、尻尾が曲がっているせいで、飼い主さんが見つからなかったらと思うと可哀想で、何より人懐っこいこの子に愛情が湧いていました。それが私と愛犬の出会いでした。

そんな愛犬もほとんど病気をする事無く、今年で11歳になります。若い頃は元気が良すぎて、落ち着きのないところがありましたが、今となっては老犬という事もあり落ち着いて生活をしています。

この子が我が家の家族になってから、いろんな事がありました。私の結婚、出産。

新しい小さな子供が増えても愛犬はいつも優しい眼差しで家族を見守っているようでした。年老いていく姿に、少し寂しさを感じる事もありますが、この子とこれからも一緒に過ごす事が私の生きがいでもあると心から思います。

ベルーナのレギンス

久々にネットショッピングをしました。ダンシャリをして依頼服らしい服は購入してなかったので服を購入するのは久しぶりでした。

一昨年ネットで服を買いすぎました。特に下着をです。今でも十分にあります。

ただし、一年で使い切ってしまうタイプの下着は不足していますが。長年着ることのできるものはまだまだたくさんあります。

ブラジャーとパンツやストッキングはまだまだ十分にあります。後3年はあるかもしれません。それほど買いすぎました。サイズが変われば別ですが。

ベルーナで購入したレギンスがだいぶ痛んできました。昨年と今年はきました。とても伸びがよくて便利な品です。ジーンズタイプです。長さも太さも今の私にぴったりです。また、同じサイズで同じものがほしいと思いました。まだ売っていました。ネットで購入しました。

同じものがあってよかったです。色も同じでした。ただし、種類が増えていました。ネットのほうが色が多かったです。

ほしい色がどれかわからなくなりました。黒はわかるのですが。カタログを出してきて色を調べました。ネットとカタログだと色が微妙に違いました。同じ色が欲しかったので入念にチェックしました。

同じ色の同じサイズのものを見つけることができました。とてもよかったです。今はいているものが欲しいのですから。ネットで注文しました。後は届くのをまつばかりです。

お茶の意外な落とし穴

アルコール類にもスイーツにも、全く興味のない私(というか、はっきり言って「嫌い」)。

そんな私にとって、毎日の唯一の楽しみはお茶を飲むことです。抹茶と緑茶、薬草茶、紅茶を気分によって飲み分けています。体にもいいし、安上がりだもんね~と思っていたのですが、そんな私に神が試練を与えもうた!なんと薬草茶の茎がのどに詰まるという実にあほらしい事態に陥ったのです!あわてて近くの耳鼻咽喉科に駆け込んだところ、鼻(!)からファイバーをつっこまれ、カメラで喉の様子を先生が観察。

「ちょうど声帯のあたりにあるのが見えるけれど、機器がないからここでは取り除くことが出来ないのよ~」と明るく言われ、総合病院に駆け込みましたよ。

紹介状があったので、それほど待たずにはすんだのだけれど、カメラで場所を確認している最中に、茎が下に落ちていって、あっさり問題解決。

「刺さっていなかったんだね、よかった~」と看護師さんたちと一緒に喜んだのですが、給料日前に診療費9500円は痛かった・・・・。

その上、帰りは雨に降られるし、「泣きっ面に蜂」という言葉を思い出しました。でもまあ、解決してよかったか。けれど、まさか毎日飲んでいるお茶でこんな事態になるとは思わなんだ。

ウナギがお空にゆらゆら

成田には空の駅という場所があり、頻繁に飛行機が見えるのですが、子供たちが近くで見たいというので、最近オープンしたさくらの山公園に行ってきました。
駐車場も週末ともなると結構混んでおり、場所が空くまでしばし待つことに。

すると、子供が突然「うなぎがゆらゆらぶらさがっている」というので、まさかと思い見ると、目の前には大きな鯉がゆらゆら。
小学校4年生にもなる娘が鯉とうなぎを区別出来ないなんてと残念な気持ちになった瞬間、ちょっとさらに上を見上げると、衝撃な的な光景がありました。

確かにうなぎが鯉のぼり同様にゆらゆら揺れているじゃありませんか。
子供は嘘をついていませんでした。

大きな鯉のぼりがまずあって、ちょっと更に上を見上げてみると、鯉のぼりまでのサイズはないですが、にょろっと茶色いうなぎの列が20本くらいゆらゆら揺れていました。
これには爆笑。確かに成田はうなぎのかば焼きでも有名ではありますが、鯉のぼりとのタイミングが微妙な感じだったかも。

子供の日に向けた鯉のぼりは、大きく勢いもあって、さすがにすごいなと感動してしまいましたが、一方で小さいうなぎが20本くらいですよ。
さすがに子供が最初に目につくわけで。

記念にうなぎ達の写真をパシャリと撮った私でした。